今日も家でウェブしました。
先日の31アイスの作文が興味深く、31アイスについて何かと調べてみました。

それほど他国、アメリカの31アイスについてが多々面白いだ。
ひと度店名からして違う。
米国に限らず、海外では“Baskin-Robins”という店名だ。
“ベイスキン アンド ロビンス”とか“B&R”と呼ばれてある。
誠に世界中、40ヶ国以上にあるそうです。
店名が“31アイスクリーム”なのは、国内と台湾だけだそうです。

こんな同店は世界中で、人形があります。
例えば米国特別テーストもあり、ものすごい本質みたいだ。
そのうちが“America’s Birthday Cake Ice Cream”だ。
甘味とストロベリー出し汁の2マテリアルのアイスに、甘味のかけらがゴロゴロ入っています。
そして、ますますホイップクリーム出し汁のリボン(テーストリソース)入りだ。
こういう注釈を読んでも普通のアイスくさいですが、誠にリボンが青色だ!
アメリカのB&R形式ページで撮影を見ると、思いの外毒々しくて驚きます。
米国では、これがポピュラーなんですよねー。
いかにも米国くさいテーストだと思いました。