それは国は高齢者雇用制度というのを改正したことです。それは50歳過ぎた熟年者で普通に仕事に就いて資格取得の支援をしたりする制度です。それと中小企業に国は、高齢者をさいようするようにもあっせんしているようですね。それでも老害がなくならないというのはこれは今の高齢者がもう働きたくない何で60歳になっても働かないとならないんだというな負けから来るのだと思います。人間は明日死ぬまで働くようになっていますし無駄な人間を保証して守る精度などないです。働ける場所があってその気になれば働けるのなら働くのが普通のなのです。それによく気の8時だと起きられないとか膝が痛いとか腰が痛いとか怠けた内容がよく耳にしますね。それって社会で何を学んだと思いますね。だいたい国の税金で食べさせてもらえるほど国が裕福なわけないだろうと思いますね。舐めるくらいなら謙虚になって仕事しろと思いますね。また若い奴の下で指示されて仕事するのが嫌だというアホな年寄りが多いのも事実ですね。銀座カラー 顔脱毛 効果